QLOOKアクセス解析
JUNK HEAD/YAMIKEN  コマ撮り長編アニメ「Junk Head」完成!
05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
も一回
コイツ等
P1100690.jpg

フォームの不良でこんな事になってます。
P1100692.jpg

その場しのぎの補修は出来るのですが、これからまだ出番が多いので作り直す事にしました。
色々とフォームのテストを繰り返し自分的に原因がはっきりしたのでその事はまた今度。




まず手
体はアーマチュアですが手はワイヤーです。  ワイヤーがチョット太かったので作り直し。
P1100684.jpg
糸ヒューズとハンダ。
左2つが糸ヒューズで数字はアンペアです。  定格以上の電流が流れると切れる物で、数字が小さい程細いです。

これを手の形にハンダ付けします。  糸ヒューズはハンダよりも溶解温度が高いのでや加工しやすいです。
P1100687.jpg


型に合わせてカットし、これにフォームを満たして手を作ります。
P1100689.jpg
2011/11/02(Wed)01:34 [ アーマチュア・骨格 ] Comment/1. Trackback/0 . TOP ▲
COMMENT


ワイヤーに紙を巻くのは書いてある通り、曲げを緩やかにすることも一つの理由ですが、ワイヤーを首の骨組みに使って頭を刺す場合もあるので、使っているうちに緩くなったら紙を巻いて太さを調節するという役目もあります。
あとは加工しているときに傷がつくのを防ぐ役割もありますね。職人さんはあらかじめ紙を巻いた状態の糸ヒューズをストックしておいて、必要分だけ切って使う。ということをしています。

でもワイヤーがどれくらいもつかの大きな要因の一つに、動かし方があります。
早く乱暴に動かしたり、急な角度で曲げたり、ねじりも何度もやると、けっこうダメージ入ります。ねじった方向を忘れてさらに一回転したら寿命は一気に縮まります。
2011/11/04 06:50  | URL | オカダ #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://yamiken.jp/tb.php/123-6c118eec
trackback